年代別SNSの利用状況でターゲットに合うSNSサービスを使う!

年代別SNSの利用状況

バレンタインデーですね♡

 

今日、打ち合わせでお会いするのは、お二人とも男性なのでノーチャンスかな。笑笑

 

毎年安定の妻と娘からだけでしょう。(娘もくれるのか心配💦)

 

おはようございます☀ホームページ制作をしておりますエムリンクスの前田です。

 

皆さんは、仕事にSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用していると思います。

 

私は、ホームページを中心に、LINE、インスタグラム、フェイスブック、アメブロを仕事で使っています。

 

先日、2019年9月に総務省から発表された資料があることを知って、年代別のSNS等の利用状況を見てみました。

 

利用率が高いLINEとYoutube

年代別のサービスの利用率は、下記になっているようです。

 

平成30年度主なソーシャルメディア系サービス アプリ等の利用率(全年代・年代別)
平成30年度主なソーシャルメディア系サービス アプリ等の利用率(全年代・年代別)

 

まず、LINEとYoutubeの利用率が圧倒的に高いのが分かります。

 

LINEは60代を除く全年代で80%を超えているということは、ほとんどの人がLINEを使っているということになりますね。

 

【LINE公式アカウント】リッチメニュー制作代行

 

LINEに次いでYoutubeが高く、全年代で75.7%でした。

 

やはり、これからは動画なのか💦

 

30代以降で利用率が高いFacebook

LINEとYoutube以外のサービスについて、年代別の利用状況をみると、

 

Twitterは、10代、20代の若年層に多い。

 

Instagramも、10代~30代が多いですね。

 

Facebookは、30代(49.8%)が最も多く、40代(36.7%)よりも20代(47.4%)が多いことが意外でした。

 

まだまだ私たちの年代は、フェイスブックの利用率は高いようですね。

 

女性で利用率が高いInstagram

男女別のサービス利用率は、男女ともLINEとYoutubeの利用率が70%を超えていました。

 

それ以外では、男性はTwitterが37.5%、Facebookが32.8%、Instagramが28.4%の順ですが、女性はInstagramが42.8%、Twitterが37.0%、Facebookが32.8%で、女性はInstagramの利用率が高いことが分かります。

 

これらのことから、例えば、エステサロンやネイルサロンのようにターゲットとなるお客様が女性、しかも10代、20代であれば、Instagram の発信を強化していくのが効果的ということが分かります。

 

これらのSNS等のサービスを利用する際は、自身の商品・サービスのターゲットの年代や性別も考慮して、どのサービスで発信していくかを選択することが大切かなと思います。

 

平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書は、総務省の下記サイトからご覧になれますので、興味のある方は見てみてください。

 

https://www.soumu.go.jp/main_content/000644166.pdf

 

インターネットだけでなく、テレビ、ラジオ、新聞などのメディアの利用状況も分かるので、なかなか興味深いですよ。

 

ではでは~♪

 

感謝の気持ちを忘れず、多くの方が繋がるきっかけに。

合同会社エムリンクス

代表社員 前田 英隆
〒730-0803 広島市中区広瀬北町3-11 和光広瀬ビル3F
Tel :090-6478-7048
Mail:info@m-links.co.jp
LINE:https://line.me/ti/p/%40omisejiman

 


ではでは~♪

 

感謝の気持ちを忘れず、多くの方が繋がるきっかけに。

合同会社エムリンクス

代表社員 前田 英隆
〒730-0803
広島市中区広瀬北町3-11 和光広瀬ビル3F
Tel :090-6478-7048
Mail:info@m-links.co.jp
LINE:https://line.me/ti/p/%40omisejiman

中国新聞マイベストプロ広島

>ホームページは自分で作る!

ホームページは自分で作る!

とにかく自分でホームページをいじりたい!ホームページ制作の知識ゼロの初心者を対象にした講座です。当講座では、ワードプレスでホームページを一緒に作成していきます。

CTR IMG