ホームページ&SNS集客お役立ち情報

ブログを読みやすくするために改行&空行を

ブログを読みやすくするために改行&空行を!

ホームページ制作をしておりますエムリンクスの前田です。

 

先日、お客様から『私の書いているブログどうですか?』というご質問をいただきました。

 

すぐに改善すべき点が見つかりました。

 

それは、改行&空行の少なさです。

 

例えば、私のプロフィール文で、

 

ホームページは、お店自慢、繁盛店の2サービス合わせて2,500社以上のお客様にご利用いただいております。検索に強いホームページを作ることを得意とし、お客様からは、『見やすくなった!』『ホームページからのお問い合わせが全然なかったのに、ホームページリニューアル後、お問合わせが増えた!』など、たくさんのお喜びの声をいただいております。ホームページは、お客様に合わせて、ご提案させていただきます。ホームページをベースにした、ブログ、インスタ、LINE等のSNS集客に関しても、アドバイスさせていただいておりますので、お気軽にご相談くださいね。

 

こんなんだといかがですか?

 

圧迫感があって、とても読みづらくないでしょうか?

 

ですので、ブログを書く時には、読む方のために、空行を多めに取りましょう!

 

ちょっと改行&空行を入れてみます。

👇

ホームページは、お店自慢、繁盛店の2サービス合わせて2,500社以上のお客様にご利用いただいております。

 

検索に強いホームページを作ることを得意とし、お客様からは、『見やすくなった!』『ホームページからのお問い合わせが全然なかったのに、ホームページリニューアル後、お問合わせが増えた!』など、たくさんのお喜びの声をいただいております。

 

ホームページは、お客様に合わせて、ご提案させていただきます。

 

ホームページをベースにした、ブログ、インスタ、LINE等のSNS集客に関しても、アドバイスさせていただいておりますので、お気軽にご相談くださいね。

 

いかがでしょうか?

 

これだけで全然読む時の印象が全然違います。

 

しかも、空行は1行ではなく、3行分くらいあっても全然大丈夫!

 

結構やっちゃいがちなので、文字の詰まりすぎには気をつけてくださいね。

 

ではでは~♪

ワードプレス

ワードプレスでホームページ作成

感謝の気持ちを忘れず、多くの方が繋がるきっかけに。

合同会社エムリンクス

代表社員 前田 英隆
〒730-0803 広島市中区広瀬北町3-11 和光広瀬ビル3F
Tel :090-6478-7048
Mail:info@m-links.co.jp
LINE:https://line.me/ti/p/%40omisejiman

 

関連記事

  1. ブログにプライベート記事?

    ブログにプライベートなことは書いてはいけない??

  2. 継続していることをやめると再開が難しくなる。

    継続していることをやめると再開が難しくなる。

  3. 合同会社エムリンクス

    プロフィール写真を公開すること

  4. インスタグラム ログアウトで解決

    インスタのいいね!が出来ない場合はログアウトして再ログイン

  5. ホテルからの眺め

    【ワードプレス】海外に来たら海外アクセス制限解除をオフ!

  6. オリジナルチラシ制作

    チラシも制作しております!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶

合同会社エムリンクス

合同会社エムリンクスの前田です。

感謝の気持ちを忘れず、
多くの方が繋がるきっかけに。


エムリンクスのエム「M」は、会社設立時、私、前田のMとお世話になった他の4人の方のイニシャルがMだったことから感謝の気持ちを忘れないという想いで名付けました。

リンクス「LINKS」は日本語で「結び付けるもの、結び付ける人」という意味があります。
エムリンクスとの出逢いをきっかけに、多くの方を繋げ、多くの方に繋がってほしいという想いで名付けました。

エムリンクスはいつも感謝の気持ちを忘れず、多くの方が繋がるきっかけとなる会社を目指します。

◎事業内容
ホームページ制作・便利屋運営



LINE公式アカウント フェイスブック インスタグラム アメブロ

ホームページ制作チラシ

広島異業種交流会



第27回前田会のゆるっとランチ会

守成クラブもみじ会場

前田スタンプ販売中!

下記画像をクリックしてくださいね!

 

 

最近の記事

  1. だし巻き卵
  2. 日本絵本ケア協会
  3. ひろしま旬彩 鶴乃や本店の大野さん
  4. お客様へのスピード対応をこだわる!
  5. 集客の入り口を複数持ってホームページに誘導へ
PAGE TOP